家電

Digital AVアダプタでiPhoneの画面をテレビに映す

iPhoneで動画を見ていると

「もっと大きな画面で見たいなー」

と感じたことがあると思います。

そんなときには『Digital AVアダプタ』というもので、テレビとiPhoneを接続することで、iPhoneの画面をテレビに映すことができます。

 

Digital AVアダプタでテレビとiPhoneを繋ぐだけで簡単にミラーリング

 

Digital AVアダプタはiPhoneのLightningコネクタに接続できるようになっています。

Lightningコネクタとは、充電コードを繋げるアレですね。

きろぐ管理人が購入したDigital AVアダプタは、画像のように接続します。

iPhoneと直接つながっているのがDigital AVアダプタです。

Digital AVアダプタの左側のケーブルがHDMI右側はiPhoneの充電コードです。

充電コードはDigital AVアダプタに繋がっていますが、iPhoneは充電状態になります。

HDMIをテレビに接続するだけで、iPhoneの画面がテレビに映ります。

 

Digital AVアダプタでミラーリングするメリット・デメリットは?

 

Digital AVアダプタをiPhoneのミラーリングに使うメリットとしては、

  • Apple純正品以外なら安く手に入る
  • 難しい設定や操作が必要無い

ということが挙げられます。

Digital AVアダプタは安いものなら2,000円を切る商品もありますし、

操作はスマホで行います。

AmazonのFireTVやGoogleのクロームキャストと比べれば機能的には劣りますが、

手軽さという点では勝るのではないかと思います。

 

逆にデメリットとしては、

  • ケーブルが邪魔になる可能性がある
  • HDMIケーブルが無い場合には、購入する必要がある

ということが考えられます。

テレビとiPhoneをHDMIケーブルで接続することになりますので、HDMIケーブルを持っていない場合には購入する必要が出てきます。

またテレビからスマホまでケーブルが伸びているわけですから、それが煩わしく感じることもあるかと思います。

快適に操作するためには長めのケーブルも必要になるでしょう。

 

Digital AVアダプタをiPhoneのミラーリングに使う場合には、

このようなメリット・デメリットがあります。

 

キャプチャボードにも使用可能

 

Digital AVアダプタはキャプチャボードに接続して、パソコンに映像を送ることもできます。

キャプチャボードを持っているなら、iPhoneのゲームを配信したりする場合にもDigital AVアダプタを使うことができます。

有線で接続するほうが遅延がありませんし、配信をするならDigital AVアダプタがあったほうが良いかもしれませんね。

 

キャプチャボードとの相性もある?

 

きろぐ管理人が所持している『GC550』という外付けのキャプチャボードにDigital AVアダプタを接続してみたところ、

音声が正常に出力されないという状況になってしまいました。

テレビに接続したときには音声も正常でしたから、

物によってはキャプチャボードとの相性に問題があるのかもしれません

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です