PC

KeynoteをWindowsのPCで使用する方法

iPhoneなどで使用できるプレゼンテーションソフト『Keynote』。

使いやすい上に、見やすくてオシャレなスライドを作ることができます。

そんな『Keynote』をWindowsのPCで使用する方法を紹介します。

 

KeynoteはWindowsからiCloudにログインするだけで使用可能

 

KeynoteをWindowsのPCで使用するには、iCloudにログインする必要があります。

https://www.icloud.com/

 

iCloudにログインすると、利用可能なアプリなどが表示されます。

その中から『Keynote』をクリックするだけで、

WindowsのPC上でKeynoteを使用することができます。

 

 

KeynoteをWindowsのPCで使用するメリット

 

WindowsのPCには、Officeソフトが入っていないこともあります。

またWordやExcelは入っていても、PowerPointは入っていないということもあるのではないでしょうか。

一方、KeynoteはIOS端末に標準でインストールされているアプリで、

iPhoneなどを持っているなら、無料で使うことができます

デザイン、アニメーションなども充実しており、機能面ではPowerPointに劣るということはありません。

(やっぱりPowerPointが良い!という場合は、PowerPoint Onlineなら無料で使えるのでオススメです。)

 

また作成するスライドはクラウド上にデータが保存されます。

同じスライドを、PCでもモバイル端末からでも編集できます。

自宅ではWindowsのPCで作業して、

移動中にiPhoneで作業するということもできるのは便利です。

 

また、これは個人的な感想ではありますが、

PCで作業したほうが、操作性が良いと感じます。

フリック入力が得意な人はiPhoneなどで作業したほうが良いのでしょうが、

やはりマウスとキーボードがあったほうが快適に操作できました。

作業効率を上げるためにも、WindowsのPCでKeynoteを使用する方法を取り入れてみても良いかもしれませんね。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です