PC

デスクトップにメモできるアプリ『Sticky Notes』【windows】

ふとした瞬間に何かを思いつく事って結構ありますよね。

パソコンで作業している時に何か思いついた時、

ちょっとしたことをメモしておきたい時に便利なアプリがあります。

デスクトップにメモできるアプリ『Sticky Notes』です。

デスクトップにメモできるアプリ『Sticky Notes』とは

 

『Sticky Notes』は付箋のような見た目のアプリで、

デスクトップに表示しておくことで、すぐにメモをできます。

非常に簡単に扱えるアプリで、難しいことは特にありません。

クラウドにサインインすることで、メモをクラウドに同期することもできるようになります。

メモを取る以外の機能は無く、とてもシンプル。

作業中などに思いついたことを、サクッとメモするためだけのアプリです。

 

『Sticky Notes』はWindowsに標準でインストールされている

 

『Sticky Notes』はどこかでダウンロードしてくる必要もなく、Windowsに標準でインストールされています。

Windows10の場合、スタートメニューから『付箋』を選ぶだけで利用することができます

初回起動時にサインインするかどうか聞かれますが、サインインしなくてもメモ機能は使えます。

クラウドでメモを同期したい場合は、サインインすると良いでしょう。

 

『Sticky Notes』の使い方

 

『Sticky Notes』は使い方もシンプル。

アプリを起動してデスクトップに付箋を表示させたら、あとはメモするだけです。

 

右上の『…』から付箋の色を変えることができます。

好みの色に変更して使うといい感じです。

 

新しい付箋が必要な時には、左上の『+』マークをクリックすることで新しい付箋が表示されます。

右上の『…』⇒『メモの一覧』とクリックしていくと、これまでに書いたメモの一覧が表示されます。

 

メモは自動的に保存されるようです。

付箋が邪魔になったら、保存せずにそのまま閉じてしまっても大丈夫です。

 

タスクバーにピン留めしておくと便利

 

パッとメモをするためのアプリなので、すぐに起動できるようにしておいた方が使い勝手が良いです。

そのためにタスクバーには、ピン留めしておくと良いでしょう。

ワンクリックで付箋を呼び出し、すぐにメモを取れるようになります。

 

『Sticky Notes』を起動すると、タスクバーに『Sticky Notes』のアイコンが表示されます。

黄色い四角形のアイコンです。

タスクバーのアイコンを右クリックし、『タスクバーにピン留めする』をクリックします。

これで『Sticky Notes』がタスクバーに追加されました。

 

まとめ

 

デスクトップにメモできるアプリ『Sticky Notes』を紹介しました。

本当にちょっとしたメモ機能しかありませんが、結構便利なアプリです。

パッと思いついたことを、箇条書きでメモしておく程度なら十分な機能です。

管理人と同じく忘れっぽい性格の人は、ぜひ使ってみて下さいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です