生活

水道の蛇口パイプが折れたので自分で修理!根本から折れた場合は新しいパイプが入らないことも

水道の蛇口パイプが折れたので自分で交換

先日、お風呂場の水栓から蛇口パイプがぽろっと取れてしまいました。

これは困ったということで、ネットで調べてみました。

すると部品さえあれば割と簡単に修理できそうなことが分かります。

YouTubeに動画も上がっていますし、素人の自分でも出来そうな気がしてきました。

わざわざ水道屋さんを呼んで修理してもらうとお金も時間もかかってしまうので、自分で修理することに。

レッツDIYです!

水道の蛇口パイプ交換に必要なもの

水道の蛇口パイプの修理・交換には必要になるものがあります。

パイプを新しいものに交換するわけですから、当然ながら新しい蛇口パイプが必要ですよね。

蛇口パイプはAmazonや楽天などで販売しているので、簡単に入手することができます。

水道蛇口、蛇口パイプ、スパウトなどで検索すれば、色々な種類が出てきます。

パイプにも種類があるようで、購入前にパイプやナットのサイズを調べておく必要があります。

パイプの外径は16mmが一般的らしですが、交換前のパイプのサイズは必ず測ってから新しいパイプを購入しましょう。

当然ながら交換には工具も必要になります。

パイプの取り付け部分にあるナットを締めることになりますから、持っていないなら購入しておきましょう。

手持ちの工具で何とかなりそうなら、購入する必要はありません。

私はプライヤーレンチという工具を使用しました。

モンキーレンチの方が力が無くても使いやすいかもしれません。

普段から工具を使うなら高いものを購入するのも良いですが、

そうでない人は100均の工具でも十分かと思います。

買いに行く手間が惜しい人は、蛇口パイプと一緒にネットで購入してしまいましょう。

交換作業は割と簡単

↑私が参考にした動画です。電動工具なども必要なさそうですし、これなら出来るかも。

根本から折れた場合は新しいパイプが入らないことも

パイプの交換作業は道具さえ揃っていれば難しいものではありません。

しかし、私の場合は新しいパイプが水栓の取り付け部分に入らないという事態が起きてしまいました。

パイプの径も合っているはずなのにどうして・・・

色々と試してみると理由が判明。

折れた部分がパイプの取り付け部分に残ってしまっていたので、新しいパイプが入らなかったのです。

↑の画像のようにパイプがポッキリと折れていたわけですが、
矢印の部分が取り付け部分に残ってしまっていたわけです。

工具でグリグリすると簡単に外すことができました。

新しいパイプの取り付け自体は難しくありませんので、理由が分かればスムーズに作業終了。

はじめての作業でしたが無事に交換することができました。

もし同じようなことで困っている人がいましたら、水栓側の取り付け部分にパイプの一部が残っていないか確認してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。