PC

マウスのボタンにショートカットを割り当てる無料ソフト『X-Mouse Button Control』

ドライバでマウスのボタン設定を変更できない場合は、『X-Mouse Button Control』でボタンにショートカットを設定できる

多数のボタンがあるマウスを使う時、自分のよく使う操作をボタンに割り当てると作業効率が上がり、とても便利ですよね。

多くの場合はマウスのドライバをインストールして、ボタンの設定を行うことになります。

しかし物によってはドライバが見つからないという場合も。

そんな時でもマウスのボタン設定を諦める必要はありません。

ドライバでボタン設定ができない時には、 『X-Mouse Button Control』 を導入してマウスのボタン設定をしましょう。

無料で使えるソフトですから気軽に利用できます。

『X-Mouse Button Control』の設定を解説

『X-Mouse Button Control』をダウンロード、インストールする

ここからは『X-Mouse Button Control』の設定について解説していきます。

まずは 『X-Mouse Button Control』 をダウンロードしましょう。
以下のリンクからダウンロードできます。

https://x-mouse-button-control.en.softonic.com/

緑色の『Free Download』からダウンロードページに移動できます。

広告が表示されることがありますが、広告を閉じるとダウンロードページに移動します。

ダウンロードページに移動したら、再び 『Free Download』 ボタンをクリックするとダウンロードが始まります。

exeファイルがダウンロードされますので、ダウンロードが終了したらダブルクリックしてインストールを進めてください。

インストールが終了するとタスクバーに『X-Mouse Button Control』が表示されています。

『X-Mouse Button Control』を日本語化する

インストールが終わったら、まずは 『X-Mouse Button Control』を日本語化しましょう。

『X-Mouse Button Control』 のアイコンを右クリック⇒『Setup』をクリック。

設定が画面が起動しますので、左下の『Settings』をクリックします。

『Language』タブをクリックし、 『Language』 から『日本語』を選んでOKをクリック。

『Apply』を選んで、一度設定画面を閉じます。

以上で日本語化の作業は終了です。

『X-Mouse Button Control』でマウスのボタンにショートカットを設定する

『X-Mouse Button Control』 のアイコンを右クリック⇒『設定(Setup)』 をクリックして設定画面を開きます。

設定画面でマウスのボタンに設定したい操作を選ぶだけで、ショートカットを割り当てることができるようになっています。

様々な操作を選べるようになっていますので、自分がよく使う操作を選びましょう。

マウスのボタンが 『X-Mouse Button Control』 上のどのボタンに該当するか分からない場合は、とりあえずマウスのボタンを押してみましょう。

すると 『X-Mouse Button Control』 側で該当するボタンが色付きになりますので、分かりやすくなっています。

設定が終わったら、右下の『適用』をクリックすれば設定が反映されます。

最後に『適用』をクリックするのを忘れないようにしましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です