家電

Fire TV Stick 4Kのミラーリング機能をiPhoneとPCで試してみました。

Fire TV Stick 4Kには、「ミラーリング」機能という、他のデバイスの画面をテレビに映す機能があります。

スマホやタブレット、PCをテレビ画面に表示できれば、Fire TV Stick 4Kの用途も広がってきます。

そこで今回は、Fire TV Stick 4Kのミラーリング機能はどんなものなのか、試してみることにしました。

 

iPhoneをミラーリング

 

Fire TV Stick 4KでiPhoneをミラーリングする方法については、タクザップ様の記事を参考にさせて頂きました。

とても分かりやすく解説されているので、是非ご覧ください。

 

iPhoneでのミラーリング方法を要約すると、

  1. Fire TV Stick 4Kに『Air Receiver』(\305)というアプリをインストールする。
  2. iPhoneとFire TV Stick 4Kを、同じWi-Fiに接続する。
  3. iPhoneでミラーリングの操作をする。

という手順が必要になります。

やり方自体は簡単で、iPhoneの画面をミラーリングするまで5分もかからないと思います。

 

「エアーレシーバー」とリモコンで音声入力すれば、アプリが表示されます。

 

カートアイコンを選択すれば、購入手続きに進みます。

 

 

縦表示・横表示、両方に対応

 

基本的にはスマホと同じく縦表示なのですが、

スマホが横表示に切り替わると、テレビの表示も横になります。

Fire TV Stick 4Kに対応していない動画サイトや、

横表示のゲームも大画面で楽しむことが出来ますね。

検索や動画にコメントする時の文字入力は、リモコン操作よりも快適です。

 

ただ、ゲームの操作時は結局スマホを見ることになると思います。

本格的にスマホゲームをミラーリングして遊ぶなら、

スマホ対応のゲームパッドが必要になりそうです。

 

画質は良好

 

画質に関しては、非常に良好です。

動画投稿サイトで動画を視聴しましたが、全く問題ありません。

スマホ画面の綺麗な映像を、そのままテレビの大画面で楽しむことができます。

 

多少の遅延がある

 

仕方のないことですが、ミラーリングしたテレビ側に多少の遅延があります

端末の処理速度と、Wi-Fiの回線速度に依存していると思います。

 

私の環境では、動画を視聴する分には問題ありませんが、

アクションゲームやリズムゲームなどには向かない、といった感じです。

RPGなら問題ないくらいの遅延だと思います。

 

音声もテレビから出力される

 

ミラーリングしたスマホの音声は、しっかりテレビ側から出力されます。

画面に集中したいのに、音声はスマホから出てくる・・・といったことはありません。

 

パソコン画面をミラーリング

 

Fire TV Stick 4Kでは、PCの画面もミラーリングすることができました。

ミラーリングできた環境はwindows10ですので、Mac環境で出来るかどうかは不明です。

ただ動きがあると、画面がかなり乱れてしまいます。

あまり実用的ではないかな、という印象です。

Bluetoothで接続しているようなので、仕方のないところでしょうか。

 

以下の手順でPC画面をミラーリングできます。

Fire TV Stick 4Kのホーム画面から、「設定」→「ディスプレイとサウンド」

「ディスプレイミラーリングを有効にする」を選択

PCの「ディスプレイ設定」を開く

「ワイヤレスディスプレイに接続する」をクリック

「~’s Fire TV」をクリック

 

まとめ

 

今回はFire TV Stick 4Kのミラーリング機能を試してみました。

幅広い動画サイトをカバーしているFire TV Stick 4Kではありますが、

対応していない動画サイトも存在します。

『Air Receiver』を利用したミラーリングであれば、

そういった動画サイトでも、テレビの大画面で視聴できます。

 

ミラーリングではなく、ブラウザで視聴するという手もありますが、

スマホがリモコン代わりになるミラーリングのほうが、操作性は圧倒的に上です。

Fire TV Stick 4K未対応の動画サイトを視聴する際には、

スマホをミラーリングするという手も考えてみましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です